熊本障害者スポーツ指導者協議会

トップページ活動報告>宇土障害者スポーツ教室

活動報告

宇土障害者スポーツ教室

 3月4日、日曜日、宇土スポーツセンター体育館において、NPO法人宇土スポーツクラブと共催で、障害者スポーツ教室を開きました。
 当日は、曇りで時折霧雨が降る寒い感じだったので、参加予定だった宇土プラザの皆さんは、体調を考慮して残念ながら参加していただけませんでした。しかし、約15名の皆さんにご参加頂いただきました。
 実施したスポーツは、卓球バレー、フライングディスク、そしてボッチャの3種目で、全員の皆さんに全部体験していただきました。
 卓球バレーは、気軽に楽しめるスポーツで、今回は経験者が多く、初心者も交えて白熱したゲームになりました。そして、フライングディスクのアキラシーでは、ディスクのコントールがうまくいかず悪戦苦闘していましたが、何度も投げるうちにゴールできるようになり、歓声が上がっていました。また、ボッチャは、ほぼ全員が始めてで、最初は投げるボールの力加減がうまくいかず、照れ笑いをするシーンが多々ありましたが、ゲームを重ねるごとに感触をつかみ、戦術を駆使するなど、パラリンピックのゲームを想像させるような1cm以下の差を判定するハイレベルなゲームもありました。
 参加された多くの皆さんから「楽しかった。」、「また、参加したい。」という言葉をいただき、今後もNPO法人宇土スポーツクラブさんと連携をとりながら、ご要望に答えていけるようにしたいと思いました。